定期借家

世の中の賃貸物件の中には定期借家というタイプのものがあります。
最近少しずつその名前を聞くことが出てきたのですが、あまりその詳細は理解されていません。
しかし、意外とお得な掘り出しものであることが多いため、不動産に興味のある人には注目されている物件です。
貸主は不労所得を得たいものです。
そして、借主は家賃はできるだけ安くて良いところに住みたいと思うものです。
そこで、借主と貸主の考えが上手に合致した物件として注目されています。

一般的に借家や部屋を借りる際には1年以上の期間を決めた契約を行います。
契約の期間が終了しても正当な理由がなければ契約は更新され続けます。
さらに、1年未満の契約期間は認められないとされています。
それに対し、定期借家は借主と貸主が納得すれば際契約を結び続け住み続けることができます。
さらに、1年以内の契約も有効とされ、貸主の都合によっては1年以内でも契約解除が可能な物件です。

これだけの説明を見ると、貸主が貸したいと思えばずっと借りることができるけれど、他の人に貸したいとか何か有効活用したいと考えるとすぐに家を追い出される物件のように思われるかもしれません。
しかし、今日の明日で突然退去をさせられるわけではないですし、借主にとってもメリットとなるところが沢山あります。
そのため、上手に活用すると借主にとってとても良い物件です。

そこで、ここでは上手な借り方をするために定期借家を契約するメリットとデメリットを紹介していきます。



≪外部リンク≫
借地借家法に関する相談なら借地権・底地取扱店を参考にしてみて下さい > 借地権